友人のご主人が亡くなりました。

親しい友人のご主人が亡くなりました。
詳しいことは、わかりませんが、
日曜日、娘さんのサッカー観戦の後、
体調が悪くなられたそうで、その翌日には…


昨夜は、悲しみのお通夜に参列。
喪主を務めなければならない彼女は痛々しくて、
どういう言葉をかけてよいかもわからず、
ただ、彼女を抱きしめて、一緒に泣いてきました。


ご主人は、二つ年上の45歳。
祭壇の写真には、ご主人のにこやかな笑顔が。


上の娘さんは、念願の高校に合格して、
すぐ入学式も控えています。
下の娘さんは、この春、6年生。
いつも元気なサッカー少女です。


落ち着いたら、また、お参りさせてもらって、
ゆっくり話をしてこようと思ってます。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://cerise-cafe.cute.bz/mt4/mt-tb.cgi/232

コメント

突然死・・・・ということでしょうか?
世代が同じ方が亡くなられると、身につまされて辛いです。
今の自分や主人に置き換えて考えてしまいますから・・・・
ご冥福をお祈りいたします

> yukarinrin ちゃん


どうもありがとう。
詳しく話も聞けなかったんだけども
10年くらい前にも一度倒れているから、
それから気をつけて生活されていたはずなんだけど。
ほんと辛いお通夜でした。
いろいろ考えてしまいますね。
1日1日を大切に生きないと!ですね。

Very good buy wow gold to go out for me.

コメントを投稿

無題ドキュメント

www.flickr.com
Copyright c 2006 cerise all rights reserved.